家づくりの進め方

いい家の選び方

1.住宅性能から選ぼう

⾧期優良住宅は、「耐震性」「省エネルギー性」など、法律で定められた各基準を満たした⾧持ちする家です。
基準をクリアすることで、⾧く安全に快適に暮らせ、税制面や金利が優遇されるプランもあります。
⾧期優良住宅の項目は、「耐震性」=家族の安全、
「省エネルギー性」=冬は暖かく夏は涼しいので住んでいて快適な家など、
住宅を選ぶ際の最低基準といってもいいですね!

詳しく見る

2.価格の仕組みを知っておこう

注文住宅は構造上不可能でない限りは、皆さんのご希望通りに建てることができます。
天井の高さを数cm単位で指定することもできてしまいます。
大事なのは、どんな希望をしたらどのように値段が変わるのか、その仕組みを知っておくことです。
住宅のコストは「原材料費」「手間賃」「経費」の3 つで変わります。
例えば標準の規格から柱の高さを10cm 変えると、材料をカットして、ロスの部分を廃棄して、
さらに加工にかかる手間賃がかかることになります。
打ち合わせや建築途中での変更が増えると経費が増えます。
「原材料費」「手間賃」「経費」の仕組みを意識して、
大事な建築資金は自分にとって大事なところからかけていきましょう!

詳しく見る

3.安全性は大前提で選ぼう

家の「燃費」も考えよう

家は、家族の安全と命を守る存在でなければいけません。
日本という風土の中で、家が果たす役割は、自然災害から家族を守ること。
地震大国と呼ばれる我が国で、どのような技術であれば家族の安全が守られるのか?
また、安全で頑丈な造りであれば、何を使用しても良いという訳にもいきません。
家族の健康を支えながら、安心して安全に住める家づくりをすることが大切です。
家を建てるとなると、建物の内装などに興味が行ってしまいますが、
建物の耐震性能や建物を支える基礎と地盤にも注意しましょう。

詳しく見る

4.家の「燃費」も考えよう

車を選ぶときに見た目だけではなく、1 リットルで何キロ走るか「燃費」は大事なポイント!ですよね?
ハイブリッドカーはちょっと高いけど、ガソリン代を考えるとそちらの方が実は安かったり…
住宅においても、暮らすためにかかる費用があります。
車よりもずっと⾧く住みつづけるマイホームなのだからこそ、家の燃費はとても大事なポイントです。

では、家の燃費ってなんでしょうか?家の選び方で大きく変わるのは光熱費。
冷房暖房などのランニングコストが燃費にあたります。
これから電気代が上がっていくことが心配されてますが、
一般の家でいまの電気代で30年間の光熱費を計算すると500万円以上かかっているのです。

「住宅の購入費用+燃費」のトータルで考えるのが大事ですね!

詳しく見る
TOP