R+ハウスのコンセプト

高性能を追求した快適で高耐久な住宅
Performance

家族によって、ライフスタイルが異なるように、求める理想の家のカタチは異なります。
「間取りに合わせた暮らし」と「暮らしに合わせた間取り」では、
どちらが家族にとって暮らしやすい家のカタチでしょうか?生活動線や目線を配慮し、
広さだけではなく広がりを意識した、使い勝手が良い空間をR+house
の頼れる建築家が理想の住まいをご提案いたします。

1省エネ性

住宅にも燃費性能のいい家・悪い家があります。
住宅の燃費性能とは、電気代などのランニングコストなどです。
気密性・断熱性が高いと、外気の影響を受けにくく、室内の温度を逃がしにくくなり、
冷暖房効率が高くなります。
R+house では、⾧期優良住宅基準を満たすだけでは十分な性能ではないと考えています。
オリジナルの「R+パネル」や高性能の窓やサッシを使用することで、⾧期優良住宅基準を
大きく上回る省エネ性能を実現し、快適でエコな住宅を追求しています。

2高気密・高断熱

R+house では、気密性・断熱性を判断する指標としてC 値、UA 値・Q 値で示しています。
性能の高い家にするためには、気密性と断熱性の両方の性能が高くなければなりません。
断熱性能だけ高くても、気密性が低ければ本来の性能を発揮することができません

気密性
C 値

気密性とは、隙間が少ないことで熱損失が少ない家のことです。気密性能はC 値という指標で表されます。C 値は床面積1 ㎡当たりの隙間面積(㎠)で示され、ゼロに近いほど隙間の少ない高気密な家と言えます。これまでの日本の目標は5.0(㎠/㎡)ですが、高気密にこだわるR+house の標準は0.5(㎠/㎡)です。C 値は、実測値のため気密測定を1 棟ごとに測定を行っております。

断熱性
UA 値 ・Q 値

高断熱な家とは、室内と室外で熱エネルギーの行き来が少ない家のことです。断熱性能はUA 値またはQ 値という指標で表されます。
UA 値・Q 値は、小さいほどほど熱が逃げにくい高断熱な家と言えます。省エネ基準は地域によって異なり、神奈川県では5・6 地域に該当します。高断熱にこだわるR+house は省エネ基準を大きくクリアしています。

3耐久性

R+house オリジナルのR+パネルは水分を通しにくい断熱材(硬質ウレタンフォーム)が室内からの水蒸気を防ぎ、通した湿気も通気層から吐き出し、躯体内の乾燥状態を保って耐久性を高めます。
高い気密性を確保して、計画的な機械換気をしっかりと行い、いつもちょうどよい湿度に保ちます。このような仕組みによって、耐久性の高い木造住宅を実現しています。

4耐震性

R+house は、オリジナルのR+パネルで面全体を支える「パネル工法」です。
面全体で力を支えるので力が分散し、強い横からの力に耐えることができます。

R+パネルの場合

R+パネルで地震に強い家

建物への荷重

建物本体の重さに加え、家具や設備・積雪荷重など⾧期に渡る荷重に柱や梁が耐えられるか梁のたわみに問題がないことを確認します。

風圧力

台風などの強い風を受けても倒壊や崩壊しないことを確認します。耐風強度2 の確保も可能です。

地震力

地震による強い揺れでも倒壊や崩壊しないことを確認します。R+house では耐震等級2 を標準とし、耐震性能3 の確保も可能です。

接合部の確認

外力により柱脚・柱頭及び緩衝材等の各接合部分に加わる力を解析し、安全を確保します。

基礎の設計

建物を支える基礎が十分な強度を確保できるように設計します。耐風強度2 の確保も可能です。

偏心率

建物の重心と剛心のズレが大きければ、ねじれが発生しやすくなります。このズレの大きさを確認します。

TOP