R+ハウスのコンセプト

しっかりとコストを抑えた住宅
Cost

R+house は「新しい時代のオーダーメイドハウス」。
一流の建築家が設計する住宅でありながら、仕入れ・時間・手間などを省く合理的な工夫を
随所に取り入れ、経済コストも同時に追求した注文住宅です。

1.クオリティをそのままに、工夫でコストを下げる

建築家と建てるこだわりの家を手の届く価格にするため、
仕入れ・手間・経費などに一定のルールを設けています。
例えば標準の規格から柱の高さを10cm 変えると、材料のカット、
ロス部分の廃棄、加工する手間賃がかます。
R+house では、ルールや随所にコスト削減の工夫を取り入れることで、
品質の高い住宅をご提供しています。

例えば…

2.ムダ使いをなくすための「ルール」を設定

一般的なフルオーダー住宅では、使用する建材が多く、寸法も様々なため、
目に見えないところでコストがかかってきます。
実は、注文住宅のコストを上げているのは材料のムダ使いや材料を購入するためのコスト、職人さんの手間賃などです。
初めて家を建てる人に、コストのかかるところ・かからないところを判断することは難しいです。
そこで、R+house では目に見えないコストを極力少なくするためのルールを作りました。
ゼロから自由に作る「オートクチュール」ではなく、自由にできる幅を大きく残しながら、
「もったいない」を無くしルールの中で作る「セミオーダー住宅」。
性能やデザインの高いクオリティを維持したまま、
コストを抑えた注文住宅づくりを可能にしています。

3.仕入れコスト

通常の建材などの部材仕入れは、問屋・商社などの中間業者の費用や人件費、倉庫維持費などが含まれています。
R+house では、Web によるメーカー直発注システムを採用することで、
中間マージンをなくし、その分のコストダウンを行っています。

TOP