施工事例

F様邸
長崎 光と風を感じながら 緑と絵画を楽しむ家

                    光と風を感じながら 緑と絵画を楽しむ家

「第一印象を決める玄関をリビングよりも重視しました」話す建築主のF様。
階段と一体となった玄関ホールは、開放的でたくさんの観葉植物がいきいきと葉を広げています。
午前中は、大窓から光が入り込み温室のような雰囲気に。アトリエ建築家が、土地の状況を見て、
ビルなどが密集した南側ではなく、東側に大開口を設けるプランニングを行った。

この家のキーワードである「美術館」は、F様の美意識や「画家である父の絵を飾るスペースがほしい」という要望から生まれた。
生活感を感じさせないクールな外観や、見ごたえのある玄関ホールの空間性、2階のギャラリースペースなどを設けることで実現した。

玄関やギャラリーにゆとりを持たせる一方、「生活の場はシンプルで機能的に」というF様の考えから、LDKは15畳に効率よくまとめた。
テーブル一体型のスマートなキッチンは、使い勝手もよく、大型のソファを置くゆとりがあります。
寝室にバスルームが付属するホテルライクな個室など、隅々まで住み手のライフスタイルと理想が詰め込まれた住まいとなっている。

TOP