施工事例

宮崎県モデル
宮崎県 光と風 四季を感じる家

                           光と風 四季を感じる家

白壁の塀に囲まれたアプローチ、垣間見える庭、軒天の美しい板張り。
中へ入ると、開放感のあふれる空間が広がる。
黒を基調にしたインテリアは、漆喰の白い壁、無垢材の床に囲まれた空間を程よく引き締めている。

キッチンは、玄関からの導線が短く、ダイニングやリビングが見渡せることはもちろん、吹き抜けを通して
2階の気配が感じられるように設計されている。
洗面室や1階寝室に連結されたウォークスルーのクロゼットへも容易に行けることから、家事導線に無駄がない。

リビングと和室の先に広い庭があり、白い壁に適度に囲まれているため、周囲を気にせず家族が思い思いに憩うことができる。
また、キッチンとダイニングの正面に四角の窓があり、まるで絵画のように空や緑が映り込む。
寝室からも坪庭を眺めることができ、朝日を感じることもできる。

和室の地窓や吹き抜けにある天窓など、周囲の自然環境を計算して開口部が設けられれている。
室内に風の通り道があることで、1階からそよぐ風が2階へと吹き抜けていく。

光と風を感じながら、庭の草木から四季を感じるられる。

TOP